HOSEI UNIVERSITY DATA SCIENCE CENTER法政大学数理・
データサイエンス・
AIプログラム(MDAP)始動

SCROLL

ABOUT MDAPとは

法政大学数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP:Mathematics, Data science and AI Program)がスタートしました。

情報化の進んだ現代の社会は、そこで日々生まれる膨大なデータから新しい価値やサービスを生み出すという、
次のステージに移りつつあります。
ビジネス・医療・科学技術など多岐にわたるこのビッグデータの活用には、従来の統計学の知識だけでなく、
近年急速に発展した機械学習などのAI技術に関する理解も必要になります。
本学では、数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP)を通じて、データサイエンスやAIを活用して、
新しい価値を創造し持続可能な社会の構築に寄与する人材を育成します。

イメージ画像 SUMMARY

センター概要 SUMMARY

数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP: Mathematics, Data science and AI Program)の教育の質保証を行うとともに、学生と社会をつなぎ、本学の目指す「実践知教育」を推進するため、「法政大学データサイエンスセンター」を設置しました。あわせて、データサイエンスの教育研究に関する様々な取り組みを行うために、本学のデータサイエンスやAIを専門とする教員が結集しました。

わたしたちの生活と数理・データサイエンス・AIの例

  • 金融データを使った資産管理
  • 自動翻訳による異文化コミュニケーション
  • 購買データを使った売り上げ予測
  • AI画像診断によるがんの発見
  • ドローンとAIを組み合わせたスマート農業
ドローン画像

センター長挨拶 GREETING

これからの社会は「情報化社会」の枠を越え、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させ、社会のあらゆる課題を解決する「Society5.0」の実現をめざすことが、日本政府によって標榜されています。そして、その実現を支えるのが、ビッグデータの利活用やAIの開発などによるDX(Digital Transformation)の存在です。これらの技術はビジネスや学術の世界だけでなく、日常生活のあらゆる面で浸透しつつあり、特に、新型コロナウイルス感染症下の社会ではその認知度を高めているところです。

「Society5.0」の理念は、経済や情報の一極集中化によって生じた、地域、年齢、性別、言語等による格差を解消し、一人一人が快適に暮らせる社会を実現する点にあります。よって、こうした人間にとって緊要な課題を解決するためには、人間主体の発想で適切にビッグデータやAIに向きあってゆくことが求められます。これは、同じくAI等の技術が課題解決に期待されている、SDGsやカーボンニュートラルの実現にあたっても、同様のことがいえます。

法政大学は建学以来、法の知識にもとづく自由で公正な社会の実現を追求してきました。そして、今、「法政大学憲章」に述べるとおり、社会の課題解決につながる「実践知」を創出しつづけ、持続可能な社会の未来に貢献することを責務として認識しています。

したがって、社会の課題解決につながるデータサイエンスやAIに係る学術は、本学としてさらに力を入れる領域になっています。その際、技術革新に向けた研究を強化することはいうまでもありませんが、同時に重視されるのが、データサイエンスやAIの知識を適切に活用できる市民を養成することです。

2021年9月、法政大学データサイエンスセンターは、このような考えのもと、すべての学部の学生を対象に、数理・データサイエンス・AIの教育を推進するために設立されました。そして、文部科学省の「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」などを参照し、本学教員の多様な知見を結集して、「法政大学数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP:Mathematics, Data science and AI Program)」を開始しました。今後は15の学部の特色も取り入れながらプログラムを発展させ、新たな時代に向きあうための「実践知」育成の方途を深化させてゆきます。また、データサイエンスやAIの知識を運用するには、社会との接点が不可欠です。そのための教育・研究支援も視野に入れ、活動を展開してゆく予定です。

小秋元 段 センター長(常務理事・副学長)

運営委員 MEMBER

センター長

小秋元 段 常務理事・副学長

委 員

平山 喜雄 常務理事

明城 聡 教授(経済学部)

藤代 裕之 教授(社会学部)

児玉 靖司 教授(経営学部)

河内谷 幸子 教授(ILAC/経営学部)

廣津 登志夫 教授(情報科学部)

今井 龍一 教授(デザイン工学部)

安田 和弘 准教授(理工学部)

菊池 克仁 教育支援統括本部長

イメージ画像 FEATURES
認定有効期限:2027年(令和9)年3月31日

教育関連/プログラム特徴 FEATURES

法政大学「数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP)リテラシーレベル」は文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に認定されています。

本学では、データサイエンスやAIを活用して、新しい価値を創造できる人材、持続可能な社会の構築に寄与できる人材を育成するため、全学部共通の「法政大学数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP: Mathematics, Data science and AI Program)」を開講し、2021年度秋学期より、リテラシーレベルの2科目(データサイエンス入門A・B)を開講しました。
このたび、文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に認定されました。
リテラシーレベルに続く、応用基礎レベルの開講については2022年度秋学期より順次開講しました。応用基礎レベルは6科目(データサイエンス応用基礎A~F)で数理・データサイエンス・AIプログラム(リテラシーレベル)を補完的・発展的に学ぶことを目的により実践的な内容で構成されています。

  • 全学部生(1~4年次)が対象です。
  • フルオンデマンドで開講します。時間割を気にせず自分のペースで学べます。
  • リテラシーレベル、応用基礎レベルともに一部の科目を除き文理の区別はありません。初学者にとっても学びやすい内容となっています。
  • 情報科学部は応用基礎レベルを自学部開設科目で開講します。
  • 豊富な事例紹介で、専門教育との有機的な連携を図ります。
  • 大学公認のサティフィケート(修了証)として、デジタル証明書(オープンバッジ)を授与します。可視化された学修歴を示すことにより、就職活動や進学に役立ちます。

受講者の声 VOICE

MDAP「受講者の声」紹介動画

MDAP受講学生の声を動画公開しています。MDAPは文理を問わず、全15学部の学生が履修できるプログラムです。
自らが専攻している学部の専門領域と数理・データサイエンス・AI領域をどの様に結び付け、MDAPを学修した動機や印象、学びから得たものなどを紹介しています。
また、本プログラムの特色の一つでもあります、所定の修了要件を満たした際に修了証として授与されるデジタル証明書(オープンバッジ)の活用についても紹介しています。

専門領域の学びだけでは解決する事が困難な現代の高度化・複雑化した社会課題を解決するためにMDAPは学部専門領域との有機的な繋がりを念頭に置いたプログラム構成になっています。


新しい研究分野を自ら切り開くために

臨床心理学科で認知行動療法を専攻しており、中でもインターネット・AIを用いたカウンセリング手法について興味を持っています。これは新しい分野であり、学科での勉強にプラスして学ぶ必要があります。こうした中、数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP)を知り「データサイエンス入門A・B」の履修を決めました。授業では、ビックデータの概念とその活用方法を学ぶとともに、実際にデータを扱うこともあり、基礎から実践まで広く触れることができました。また、フルオンデマンド配信のため自分のペースで無理なく進めることができました。今回得られたデータサイエンスに関する考え方や知識をもとに、今後は心理学の領域でインターネット・AIと融合させた新しい分野を切り開く人材として活躍していきたいです。

現代福祉学部 臨床心理学科 2年
鈴木 柊貴さん
神奈川県私立山手学院高等学校 出身
※学年は取材時点

イメージ画像
イメージ画像 RESEARCH

研究関連 RESEARCH

本センターが開設した授業はフルオンデマンドで実施します。市ケ谷・多摩・小金井の3キャンパスの学生が、空間を超え、時間割を気にせず、自分のペースで学ぶことができます。本学が進める法政DXイニシアティブプロジェクト(副学長の下、本学の教育活動のDX化を推進するプロジェクト)の一環で、今後、ポストコロナを見据えた、学修方法や教育方法の研究についても取り組んでいく予定です。

EVENT イベント

イメージ画像

自己点検・評価 SELF-ASSESSMENT

数理・データサイエンス・AIプログラムの開講に伴い、法政大学データサイエンスセンターの教育研究活動について、学内外の委員で構成される「自己点検・評価ワーキングチーム」により、定期的に自己点検・評価を行います。
また、データサイエンスセンターの自己点検・評価結果については適宜公開します。
最新の自己点検・評価報告書は以下を参照ください。